phoenix v|tome|x c450 の仕様

概要概要

ミリフォーカスCTスキャナphoenix v|tome|x c450は、アルミニウム鋳造製品や小型鋳鉄製品、大型の樹脂製品などを主な撮影対象としています。ナノ、マイクロフォーカスCTスキャナと比較すると出力が高く(最大 1,500W)、またX線管最大電圧は450kVとX線の透過力も高いため、ある程度の厚みを持った金属・樹脂でも撮影に適しています。
検出器はフラットパネルディテクタ(FPD)とラインディテクタアレイ(LDA)の両方を搭載することができます。短時間で効率的に撮影を行うときはFPDを使用し、アーチファクトの少ない断層画像を撮影したいときはLDAを使用するなど、使い分けることが可能です。
またオプションで散乱線補正システムのscatter|correctを搭載可能です。

ミリフォーカスCTスキャナphoenix v|tome|x c450

phoenix v|tome|x c450フェニックスヴィトムエックスシー

X線管タイプ ミリフォーカス・クローズドチューブ ISOVOLT 450 M2/0.4-1.0HP
最大管電圧/最大出力 450 kV / 700W - 1,500 W
フォーカススポット径 0.4 mm(最大出力 700 W)
1.0 mm(最大出力 1,500 W)
X線管と検出器の距離
(Focus detector distance: FDD)
1,300 mm
[scatter|correct搭載オプション] 1150 mm
X線管と試料の距離
(Focus object distance: FOD)
650 - 950 mm
[scatter|correct搭載オプション] 500 - 800 mm
ボクセルサイズ範囲 100 - 146 μm
[scatter|correct搭載オプション] 87 - 139 μm
倍率 1.37 - 2 倍
[scatter|correct搭載オプション] 1.44 - 2.3 倍
空間分解能 2.5 lp/mm at 130 μmボクセル(ASTM E 1695準拠)
最小検出能 100 μm
測定精度 20 + L / 100 μm(VDI 2630-1.3ガイドライン準拠)
検出器 フラットパネルディテクタ(FPD)
ハイコントラストGE DXR 250ディテクタ、受感範囲 400 x 400 mm
2,000 x 2,000 ピクセル(4メガピクセル)、ピクセルサイズ 200 μm

ラインディテクタアレイ(LDA)
受感範囲 820 mm、2,050ピクセル、400 μmピッチ
最大スキャン範囲 500 x 1,000 mm(270 x 1000 mm scatter|correct)
最大試料重量 50 kg
マニピュレータ 高精度花崗岩ベースマニピュレータ 2軸(R,Y)、マニュアルZ軸(300mm)
装置サイズ 2,310 x 2,750 x 2,870 mm(コンソールを除く)
装置重量 15,000 kg 以下
ソフトウェア phoenix datos|x
(GEセンシング & インスペクション・テクノロジーズ株式会社製CTデータ取得・再構成ソフトウェア)